杉本健三記念ページ

Nuclei, The Playing Fields of Physics

(Hyperfine Interactions Vol.21(1983);Scientific Publ. Co., Basel)

1985年に上記 title の Festschrift を出版しました. 学術誌「Hyperfine Interactions」の特集号として出版されたものの別刷りとして装丁をも改め非売品として印刷したものです。 阪大・杉本グループによる鏡映核磁気能率の測定、および、東大・山崎グループによる210Poアイソマー磁気因子の測定、という二つの独立な実験による核内中間子効果の実証という輝かしい研究成果を挙げ、それを機に両グループの連携が始まりました。
その時に杉本先生の還暦祝として出版したものでした。 この出版に際しStanford大学のProf.S.Hanna が上記のtitleをつけて下さいました。“The Playing Fields” というのは 英国Eton校の競技場を指す言葉で、英国の著名なリーダーを多く育てた立派な「教育の場」として称える意味があると教わりました。杉本・山崎グループが開拓した「研究の場」は日本の原子核研究に於ける ”Playing Fields”の役割を果たしてきたと考えています。

sugimoto

杉本先生はこの本を大変お気に入りで「 Festschrift 」と名づけられ、また20年30年後に第2版を作ろうと言って居られました。20年後30年後の原子核研究の発展を期待してのお気持ちでした。先生が90歳になられる年に、今度は卒寿のお祝いに出版したいと考え関係者に執筆をお願いするなど準備を進めていたところ、後数ヶ月で卒寿を迎えられるという2012年の秋に冥界に去られました。 今年にはその後の30年史を書こうと提案しましたところ、皆さんのご賛同を得ることができました。この30年の進歩は著しく、素粒子から物性物理学•化学•生物学医学など、原子核の隣接分野にも広がって展開した皆さんの活躍を振り返ると感動的な歴史です。 この30年史を記す文集を「Festschrift II」と呼ぶことにします。この30年にわが国の原子核研究者が新しく拓いた道程を示す記録になると考え、特に、グループの機関誌である「原子核研究」誌の特集号として出版致します。さらに、これまで原稿の収集と編集、執筆者相互の連携などの目的で、アルス文庫を利用してきましたが、「原子核研究」誌編集委員会のご了解を得て引き続き掲載することによりWEB上に公開することに致しました。以下をご覧下さい。

Festschrift-II

Particles and Nuclei,
The Playing Fields of Physics

_____________________________________________________________________________

genshikakukenkyu,jpg_____________________________________________________________________________

_____________________________________________________________________________

杉本記念シンポジウム

上記の文集「Festschrift II」編纂の途上にシンポジウムを開催しました。

日時:2013年4月6日〜7日 会場:阪大理学部D棟501号室 参加者:63名

IMG_0230c_small

Session IV:スピン物理

Session V:次世代への期待

Session VI:まとめ

杉本健三記念ページ への2件のフィードバック

  1. 加藤 芳孝 より:

    NHK朝の連続テレビ小説『花子とアン』についていろいろと調べているうちにこのサイトに行き着きましたが、杉本先生と村岡光男先生とはどのようなご関係だったのでしょうか。お差支えなければご教示いただければと存じます。特に、杉本先生が大阪大学にいらしたと思われるころに村岡先生が池田市に在住され、そこに村岡花子さんが訪問されるくだりが原案となった『アンのゆりかご』に見られます。

    • 中井浩二 より:

       杉本先生と村岡先生は、大阪大学においてそれぞれ実験と理論の分野でわが国の原子核物理学の研究を推進し、多くの後進を育てられました。1988年には両先生の共著になる教科書『原子核物理学』(共立出版)が出版されました。
       戦前に優れた研究成果を挙げた日本の原子核研究を、戦後に復興する努力の中で生まれた東京大学原子核研究所は菊池正士・朝永振一郎先生のご努力によるものでありましたが、日本全国から集った新進気鋭の若手研究者の中で村岡 (当時は旧姓佐野)先生と有馬朗人先生は理論研究部の輝く存在でした。
       その後、杉本先生が居られる大阪大学に移ってから村岡先生は杉本グループの実験と結んで原子核構造の研究を究めるうち、杉本先生らの実験グループが提唱した高密度核物質や不安定核の研究に理論的側面から一層強い協力関係を結び今日の原子核研究の基礎を築かれました。     (中井浩二)
       

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中